注意したい親権弁護士に依頼する際の重要ポイントを紹介します

親権弁護士に子供の親権に関する相談を行う場合には、離婚の原因やこれまでのそれぞれの子供に対する関わり方、および子供の意思などを正確に伝える必要があります。特に離婚の原因については結婚生活が破綻する原因がどちらにあるかを判断する重要な材料となるため、できるだけ正確に時系列を整理して報告することが重要になるのです。子供にとってはどのような事情があるにせよ両親が離れて暮らすと言う事は決して喜ばしいことではありません。しかし両親の関係が破綻している以上は子供を含めた円満な家庭生活が送れる事は非常に難しく、今後も安定した生活を行っていかなければならないことを考えると、正当な権利があり生活力のある側に親権を委ねることが最も現実的な方法です。この的確な判断をするために正確な情報を申告することが非常に重要です。

親権を持つ側を決めるための重要な要素

子供に対する親権を決める際には、第一に子供が成長していく上でどちらの親に面倒を見てもらうのが良いのかということを基準に決定します。一般的には経済力があり、離婚をする際に被害を被った側が持つことが多いのですが、実際にはこの限りではなく様々な要因をもとに判断されることが多いものです。親権弁護士がこの判断を行う場合には離婚の原因となった様子のほかにこの判断を行う場合には離婚の原因となった様子のほかに、日常的な子供に対する態度や、その他様々な要因を総合的に判断することになります。これまで多くの問題を解決してきた弁護士であればその経験からどのような方法が最も適しているのかを十分に吟味して提案してくれることが多いのです。子供の親権をどちらが持つかを決めるためには、このような要素を全て考慮して決めることが重要です。

親権の取り合いが起きた場合の対処

離婚するとしても子供に対する愛情は変わらないという親は少なくありません。そのため親権を割り当てる場合には様々な要素を加味することはもちろんですが、子供を中心に考えて様々な施策をしっかりと取り決めておく必要があります。例えば親権の無い側が子供と面会してよいかどうか、会うとすれば月に何回なのかと言った希望をしっかりと主張し、その妥当性を裁判や調停で明らかにする必要があります。このような場合にはできるだけ早く子供にも状況説明した上で親権を決定することも非常に重要です。親権弁護士ではこのような問題を踏まえ、より最適な解決方法を導くのに様々な法律的な手法を用います。逆に最近では人権を相互に擦りつけたり、放置しまう親も増えており、このような場合にもどちらに親権を持ってもらうかについてはその調停が非常に難航します。そのため、このような事態を覚悟してから相談することが大切です。